探偵の向き不向き - 東京の探偵の調査方法

探偵の向き不向き

| 探偵の基本 |

職業によって求められる資質は異なる。

探偵に必ず必要な資質は何か?

間違いなく言える事は「誠実に依頼に向き合い、結果を求める」ことだろう。

依頼人が求める結果も大切だが「真実を追求し、報告する」モチベーションの継続が無ければ「困難な調査や長期間にわたる調査」を実施し完遂する事は不可能である。

経験の領域にも重複するが「やり遂げられる自信は経験から来る」と言える。自信のない調査業務は経験不足や個人の力量が判断基準になっている。

経験値の低い探偵の判断力は「個人の目安」にすぎない。

調査をやり遂げる気持ちの無い探偵は「探偵として必要な最低限の条件」を満たしていないといえる。優秀な調査を実施する探偵とは言えないだろう。

昨日から探偵業務に従事した新米探偵であっても「やり遂げる気持ち」があれば立派な探偵といえる。

目先の現実や細かな事柄も大切だが「当たり前の基本」はとどめて調査を行うべきである。