素行調査の特徴と体験談

素行調査が必要な社会状況

あなたの身近な人が、見えないところで何をしているのか知りたい人も多いと思います。

共働きの増加で、子供の面倒も見れない、家より会社にいる時間のほうが長いなど、いくら身近でも、心の離れてしまう社会状況はすでに日本では当たり前となっています。

その際に、大事な人の行動を把握するために興信所の素行調査が役に立ちます。

素行調査を実施し日常状況を知ることによって対処の仕方も変わってきます。

素行調査って何?

素行調査といえば尾行、張り込みによる調査手法で調査対象者の行動を監視するのが一般的で、現在の日常状況を探るには一番適した方法です。

特に浮気、不倫、社員の行動確認などはこの方法で証拠を取得するのがスタンダードです。

素行調査とは、対象となった人物の行動パターンを把握するために行う調査です。

行動パターンが把握できれば、道を外れた行動をとったとしても対策を講じる事ができます。問題がなければ、精神的に安心することもできます。

よく使われるのが、浮気や不倫の調査です。

デートをしてる現場を押さえることが通常です。場合によっては浮気相手を排除することもできます。

息子・娘の行動調査を調べる場合にも有効です。

非行に走ることも防止できますし、反社会的なグループから離脱させ、生命や身体に危害を加えられたり、社会に迷惑をかけるのを防ぐ事もできます。

また「いじめ」などの被害に遭っているお子様の実態も掌握することで大事に至る前に対策も講じられます。

素行調査の具体的な事例

いくつかの事例を見ていきましょう。

対象者14歳、女性T子のケース

T子は有名中高神学校の生徒で、成績もよく、性格もはつらつとしていました。しかし、親に勉強を押し付けられてストレスが貯まり、勉強が嫌になり不良グループと接近。彼氏をつくり、家出をし、学校へは行かず、青少年と言えない生活をしてしました。

保護者が興信所に素行調査をたのみ、居場所が発覚しました。T子は不良グループと縁を切り、保護者も勉強漬けの教育を改めました。T子は転校し学校生活を楽しんでいます。

T子と付き合いのあった不良グループは右翼団体と親子関係にあったようです。早めに手を打ったおかげでT子は人生を誤らなくて済みました。

対象者29歳、女性U子のケース

U子は結婚2年めの主婦です。共働きで会社勤務をしています。結婚前に付き合っていた会社の同僚と影で付き合い、不倫関係にありました。

知らない男からのプレゼントを夫が発見し、探偵に頼み、素行を調査していました。週に2度の逢引きと、シティホテルに休憩に入る写真を数十枚押さえました。継続的に付き合っている様子でした。

夫が素行調査をしていることを伝え、U子は泣いて謝りましたが後の祭りです。
裏切られたという気持ちと浮気の期間が長かったことから夫は到底許すことはできず、離婚を決意しました。

心の離れた相手を早く別れることができて、時間を無駄にしないで済みました。

まとめ

上記に挙げた事例は手を打つのが早く、大事に至らなくて済んだケースです。まずい徴候があれば興信所に素行調査をお願いするのが望ましいです。

興信所への相談は無料なので、とりあえず相談してみれば解決へつながる可能性はあります。

ひとりで悩むよりも興信所に相談してみることが早道です。

そして、多くの「知らない事実を知る」ことが問題の早期解決に繋がると考えられるのです。

もし迷っているなら一度相談だけでも行ってみてはどうでしょうか。

なにも相談に行ったら絶対依頼しなくてはならないという事はありませんし強要される事もないです。

もちろん悪質な探偵もいないわけではないですが、信用できると思った探偵や興信所に決めればよいことで決めるのはあなたの自由です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする