家出調査の必要性と家出をしてしまう理由 - 東京の探偵の調査方法

●現代における家出の状況

家出をする人の数は、一年間に10万人以上います。思ったより多い数といえます。数として把握されているのは届出のあったものだけです。届出をしていない人も多く、現状はもっと多数にのぼります。

自分の身近な人が急にいなくなることも珍しくありません。このような場合にどういった対応を取ればいいのでしょうか。

●家出調査とは

行方がわからなくなった人を探すのが家出調査の役割です。家出をするには理由があるうはずですが、残されたものにはわかりません。どうしていなくなったのか?今現在生きているのか?犯罪に巻き込まれてしまったのではないか?残された人には、とても重い心理的重圧がかかります。

探偵事務所の家出調査の役割は、このような大変な思いをしている人々の抱えている重荷を取り除くことにあるのです。

●なぜ家出をしてしまうの?

家出をする理由は人それぞれなのですが、類型別に分けることができます。理由を知ることは、家出の防止や調査が効率的に進むことにもなり、とても大事です。

では、順番に見ていきましょう。

【短絡的理由】

まず、短絡的な場合です。小学生から中学生・高校生に多いパターンです。もっと遊びたい、勉強したくない、楽しいことがしたいなど…現実から逃避したいという気持ちが原因です。

家出をした本人は大抵の場合後悔をします。しかし、教育環境の異常な家庭も多く、音人が反省しても、耐え切れず同じ行動を繰り返すおそれが高いです。

家で防止には、厳しすぎや親の価値観を過度に押し付けることをやめる努力が家族の側に必要になります。

【突発的理由】

大人の場合です。仕事などの失敗や不正行為・逮捕などに関わることをしていた可能せがあります。浮気や不倫などの不貞行為をしている場合もあります。

このように社会的に悪いことをしてしまい、謝れないし責任も取りきれないと思った時に家出をします。特に男性に多いです。運の悪い時には自殺の可能性があります。

受験勉強と仕事しか取り柄のない方も日本では多く、社会的地位がなくなれば、やり直しがきかないと絶望している人にとても多い類型です。

責任感が強いのは好ましいですが、周りも追い込み過ぎないようにしましょう。男性は他人に相談をしない傾向があり、家族とよく話をすることが大事なのです。

【計画的理由】

駆け落ちなど、新しい場所で再起を図る場合です。未婚の場合なら、親の過度の干渉によるものが大きいです。既婚の場合、離婚の意志が強く、配偶者に愛想をつかしているケースが多いです。

離れた気持ちは治りませんから、早く見つけ出し、離婚などの再スタートを切るのが賢明です。帰ってくるかどうか悩むと時間が過ぎていくからです。

【まとめ】

家出の理由を理解し、早いうちに探偵のお世話になるのが解決の鍵です。家出調査を効率よく利用しましょう。