追跡調査での禁止事項 - 東京の探偵の調査方法

①予測

追跡調査において歩きにしろ、車による追跡にしろ、目視を基本としており、予測は禁止
です。張り込みも同様です。もちろん、状況により予測した行動を取る必要もありますが
基本的には目視による追跡、張り込みが重視です。
この道を通るだろう。この駅に来るだろうと勝手に予測して先回りや待ち伏せはしてはい
けません。対象者が出てくるところで待ち、目視して追跡していきます。
対象者がある場所に入ったとします。その場所を確認すると裏口もあります。正面玄関か
ら入ったから正面玄関から出るとは限りません。正面と裏口で張り込みます。これは予測
ではなく必然です。入った正面から出てくるだろう。これが予測です。また、追跡してい
て対象者が駅に向かって歩いていきます。途中、駅へ行く近道があり、先回りして待って
いよう。これも駄目です。駅に行くだろう。これも予測です。追跡調査では予測は必要あ
りません。目視による追跡が基本です。

②服装

探偵の車輌は目立っては行けません。赤や青、黄色などの原色はお話にもなりませんし外
車も禁止です。やはり世間に走っている多い色であるグレーやアイボリーなどの色の中型
国産車がベストです。軽自動車でも良いのですが高速道路などで相手が結構なスピードを
出した際、追跡が困難になる場合もあります。一応、どんな状況にでも備えるようにしな
ければなりません。同様に歩きの追跡においても探偵の服飾は派手な色合いは禁止です。
もっぱら地味に徹します。また調査先でのシチュエーションによって変えるのは勿論です
が基本的には男性探偵はスーツが良いでしょう。もちろん、農業地域では別です。畑の真
ん中にスーツ姿の男性がずっと追跡してきたら目立ってしょうがありません。あくまでも
都心での話です。ラフやカジュアルな服装だとオフィス街では目立ってしまいます。ジー
パンにTシャツ姿の男性がオフィス街にずっと立っていては不自然です。スーツ姿はオフ
ィス街は勿論の事、繁華街、住宅街でも目立ちませんし住宅街でも余り不審者扱いになり
ません。更に付け髭やカツラを用意する必要は全くありませんが着替えのシャツ1枚、メ
ガネ、マスクを持っているだけでも何通りかの印象に変化がつけられます。最後に靴底で
す。踵部分のすり減らし某氏の為に鋲や金具をつける事は禁止です。コツコツという音は
結構気になるものです。