三ヶ月も行方が分からなかった息子 - 東京の探偵の調査方法

三ヶ月も行方をくらましていた息子の家出調査を行ない、結果的に良かったと思っています。

息子は21歳、元々外泊が多く、1週間くらい自宅に帰らない事もしばしばありました。

いわゆる不良系の息子であり、交友関係も多く、またしても家に帰宅しなくなった際には、

まあどこかで遊んでいるのだろう、とあまり大ごとには捉えていませんでした。

息子は専門学校に通っていたのですが、秋休みが終わっても自宅には帰らず、

学校にも行っていないようであり、学費が無駄になっている、と学費を支払っている親としては憤慨しました。

学校を辞めるなら辞める手続きをしてから行方をくらますべきである、

と息子に鬱憤を募らせながら、どうせその内帰ってくるだろうと余裕で構えていました。

帰ってきたら叱ろう、と思っていたのですが1週間、2週間、一ヶ月、

と時が流れて、もしかして事件などに巻き込まれてしまったのではと肝が冷えてしまいました。

不良系の息子ですので、暴力団的な人たちや、暴走族的な激しい気質の人間との

交流もあり、もしかしてお金や交際関係のもつれにて恐ろしい事にてもなっているのでは、

と親としては非常に不安が募ってしまいました。

息子の交友関係については詳しくなく、息子の部屋をチェックしても、

パソコンには何も無し、手掛かりになりそうなメモも無し、と困ってしまいました。

警察に相談をした所、「事件が起こってからでないと動けない」と言われました。

当然の事なのですが、当時は息子の行方について心配で仕方が無く、

事件が起こっておらずとも探して欲しい、事件が起こってからでは遅いのだ、なんて怒ってしまった思い出があります。

知人に探偵事務所に家出調査を依頼したらどうだろうか、

と助言され、探偵については考えた事が無かった私、駄目で元々、と初めて探偵に相談をしてみました。

まずはメールで相談をし、その後フリーダイヤルにて相談、

そして探偵事務所の人と実態に対面をして息子の特徴を伝えたり、写真のコピーなどを渡しました。

息子がどのような生活をしているのか、無事で過ごしているのかどうか、といった情報を知りたい、と伝えました。

その時、息子の行方が分からなくなってからは三ヶ月が経過していました。

最初は学費が勿体無い、なんてお金の事を考えていましたが、その時は既に息子の安否が確認できればそれで良い、

といった心境になっており探偵事務所に支払う依頼料金には糸目をつけませんでした。

探偵はどのような技術を用いたのか、たったの三日で息子を探し出してくれました。

幸い、五体満足、健康な体と精神で他県にて住み込みのアルバイトをしていたと判明した息子、無事を確認できて胸を撫で下ろしました。