追跡調査での対象変更 - 東京の探偵の調査方法

追跡調査において対象者を変更する事は良くある。
一番多いのは浮気調査において対象者と接触した浮気相手を変更する事である。配偶者で
ある依頼人から指示を受け対象者を追跡する。すると浮気相手と合流、一緒に飲食をした
後、ラブホテルに行った。そして数時間後、ラブホテルより一緒に出てきた。もちろん、
合流した時からラブホテルの出入りの写真撮影は完璧にこなす。そして、近くの駅で別れ
た。ここから浮気相手に対象者を変更する。これは浮気相手を特定するためである。自宅
などを突き止める必要があるからである。対象者の不貞行為の事実はラブホテルの出入り
の写真だけでも充分に証拠となるのだが浮気相手が特定できていないと今後の話し合いや
慰謝料請求において支障をきたすからである。浮気相手に対象を変更して追跡調査を続け
、相手の自宅を突き止めて終了となる。これは浮気相手という特定しやすい人物である為
に対象変更は容易ではある。
しかし、容易でない対象変更もある。例えば社員の情報漏洩調査や賄賂調査における追跡
調査である。
今の世の中、相手と会って情報や現金の手渡しをするのかと思う人も多いかと思うがこの
直接会って手渡しする方法こそが様々な証拠が残らず、お互いに信用しかねる相手との取
引だからこその方法なのである。仮に情報を先に渡してしまう。しかし報酬を貰える保証
はない。まして訴える事は出来ないのでこのアナログ的な取引が有効なのである。
この人物が怪しいと指示を受けて追跡調査を開始する。ある喫茶店に入る。こちらも同席
する。単なる友人、知人なのかこの調査の目的である取引相手なのかを見極めなければな
らない。映像が撮影可能であれば最大限の努力をして撮影する。また会話を盗聴する。そ
して指定人物と見極めたら対象変更して追跡調査を続行、その人物の自宅や勤務先を特定
する。この見極めが難しい。喫茶店程度なら簡単だが料亭やホテルの一室というケースも
多く、最近では居酒屋でも個室があるところもある。こうなると撮影や盗聴が出来ない場
合も多い、この見極めこそが探偵の経験がものを言う。店から出てきた様子から一瞬で判
断を迫られる。時には相手が1人とは限らない、複数の場合もある。追跡調査する調査員
も限られている為に1人に絞る必要も迫られる。その結果、間違いなく、有益な報告が出
来れば探偵としてこれ以上のものはない。